スタジオ撮影のデメリット

結婚式の前撮りをスタジオで撮る事のデメリットとは?

結婚式に関係した写真には、前撮りか後撮りかや、スタジオ撮りかロケーション撮りかなど、さまざまな選択肢があります。それぞれメリットデメリットがありますが、「スタジオでの前撮り」には、どんなデメリットがあるのでしょうか?まず、前撮りをすると、結婚式当日関係以外のコストが掛かってしまいます。スタジオでの前撮りは、カメラマンの人件費やスタジオのレンタル代、ドレスのレンタル代などで、平均して12.7万円ほど掛かるでしょう。 また、外で撮るロケーション撮りに比べて、スタジオ撮りでは背景や風景のバリエーションが少ないです。天候に左右されないことや、照明がベストな状態でセットされているなどのメリットもありますが、そういったデメリットと比較して、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

こんな人たちにスタジオでの前撮りがおすすめ!

こういったデメリットのあるスタジオでの前撮りですが、「ベストな状態で写真を撮りたいカップル」には、スタジオでの前撮りがおすすめです。スタジオではなく外で撮るロケーション撮りでは、様々な条件が変化してしまいます。一つ目は、天気です。せっかく日程を決めても、天気が悪いと、良い状況で写真を撮ることができません。雨の場合はリスケジュールになってしまうかもしれませんし、曇りの場合は、光の状況も良くないので、良い写真が撮れないでしょう。それに対して、スタジオなら、完璧な状態の照明が用意されていますし、天気によって左右されてしまうこともありません。写真の良し悪しは、その場の光の状態に左右されてしまうので、そういったことが気になるタイプのカップルなら、スタジオで撮るのがおすすめです。

© Copyright Memorable Adult Ceremonies. All Rights Reserved.