ロケーション撮影のデメリット

時間が掛かる場合がある

結婚式当日に写真撮影をする場合と比べると、前撮り写真は時間の余裕を持って撮影できることが多いです。そのため、いろいろと凝った写真を撮ったりすることも可能です。街中や観光名所や緑の溢れる場所など、場所にもこだわれます。
しかし、スタジオを出るロケーション撮影で尚且つ衣装替えもしたい場合は、着付け担当・メイク担当・カメラマンの連携が重要になります。なぜなら、着付けやメイクがスムーズにいかないと撮影が順調に進まないからです。さらに、移動の時間も必要になります。また、撮影許可が必要な場所だと撮影できる時間が限られたり、待機時間が発生する場合もあります。そのため、スタジオ撮影と比べると時間が掛かる場合があります。

当日が撮影に最適な天候とは限らない

海岸で撮影したり、満開の桜の下で撮影したり、美しい紅葉をバックにしたりと背景にこだわれるのがロケーション撮影の魅力です。自然の中だけではなく歴史的建造物をバックにすることもありますが、いずれにしても撮影は屋外となります。そして、これらの背景が最も際立つのは天候の良い時です。 土砂降りであれば撮影は出来ないでしょうが、雨が降っていなくてもどんよりと薄暗かったり強い風が吹いていると撮影に最適とは言えません。また、天候が良くても満開の桜の下で撮りたかったのに既に花が散ってしまったり、真っ赤な紅葉の下での撮影のはずが全く色づいていなかったりと、想定通りとはいかないこともあります。なお、特定の場所でロケーション撮影をする場合は対応策が練られていることもありますが、必ずしも思い通りの撮影になるとは限りません。

© Copyright Memorable Adult Ceremonies. All Rights Reserved.